KOCHI DRUM'N'BASS 10th ANNIVERSARY 第2弾! - spazm log

2012年2月21日

KOCHI DRUM'N'BASS 10th ANNIVERSARY 第2弾!

 遅くなりましたが、2月11日 SPAZM Vol.8 に遊びに来てくれたみなさん。本当にありがとうございました。
 LENZMAN のDJ MIX、とても凄かったです。MIXのテクニックはもちろんの事ですが、彼は手前のレジデントの選曲とフロアの盛り上がり具合を見て、自分のプレーにも反映させていたようにも感じました。 またLEOさんのMCもフロアを熱くしてくれましたし、得丸さんの映像も重なって、とても洗練された空間が体現されていました。
 MO'TZU氏が何度も「贅沢!」と言っていましたが、一言で表現すれば正にその通りだと感じました。


 
<撮影:HIGASHIKAWA氏>

 当日足を運んで遊びに来てくれた皆さん、LENZMANの来日公演に尽力くださったNEONの皆さん、会場のX-pt.の皆さん、またこのSPZAM Vol.8に関わった全ての方々に感謝致します。本当にありがとうございました。

 世界基準のプレーを目の当たりにし、お客さんも楽しんで頂けた事と思いますし、我々SPAZMクルーも貴重な時間を共有することができました。

 ......しかし、まだまだ 10周年第1弾。3月2日 第2弾の決定です。

 日本のDRUM'N BASS界の最前線にいるMAKOTOさんと、そして何とDRUM'N BASS 世界NO.1 女性MCのDEEIZMがタッグを組んでの来高が決定しました!

RESOUND ポスター .jpg
「MAKOTO & DEEIZM」この2人を高知で生で見る事が実現しました。本当に夢のようです。

 そして、MO'TZU氏をはじめ、SPAZMクルー全員がイチ押しの楽曲がこちらです。


 エモーショナルな彼女の歌声、これをライブで体感する事ができます。 LENZMANのプレイ同様、このような贅沢な機会はないと思います。
 また、DRUM'N BASSの某有名DJは「どんなに『あのMCはヤバいですよ!』ってハードル上げて聴きにいっても絶対満足しますよ」と彼女を大絶賛しています。

 そしてこのイベントはもう一つ意味があり、現在のSPAZMの基礎となった「RESOUND」復活のプレパーティーでもあります。(プレパーティーとしてはとても贅沢なゲストを迎えますが)10周年を迎えた高知DRUM'N BASS シーンが、新たな展開へ進む為の第一歩となるイベントです。乞うご期待願います。

 SPAZM Vol.8 に続くワールドクラスのライブを是非 体感しに来てください。
心よりお待ちしております。



KOCHI DRUM'N'BASS 10th ANNIVERSARY SPAZM presents
「Resound 0」 

2012.3.2(fri) 22:00~mid
Love Jamaican
Adv\2,000(1drink order)/Door\3,000(with 1drink)

 かつてKlub PrayerやBar Si-rutuなどの名クラブにて開催され高知D'N'Bシーンの礎となった「Resound」と呼ばれるPartyがあった。黒く攻撃的なサウンドと独特のParty感が高い次元で融合した「Resound」はジャンル、年代を問わず幅広い層から支持され、その姿は時代の変化に伴いSPAZMやBIASへと形を変えていった。
 
 2012年、今年で10周年を迎え、今や高知D'N'Bシーンの代名詞となった"SPAZM"では、本来のD'N'Bのあるべき姿を再認識し来るべき次の時代に進むべく、遂に「Resound」を再始動いたします。今回はLaunch PartyとしてスペシャルゲストにDJ MAKOTO、さらに「D'N'B AWARDS 2011」にて世界No.1女性MCの称号を得たMC Deeizmが来日!!!新たなメンバーを加え進んでいく「Resound」は見逃し厳禁、デスヨ!!!

SPECIAL GUEST:
MAKOTO (Human Elements  /HE:Digital from Tokyo)
DEEIZM (Human Elements / Bingo / Liquid V from UK)

RESIDENT DJs:
TOSHIZO / TOMOHARU  /MO'TZU / HIGASHIKAWA / TSUTSUI / BATA / RISM

SUPPORT MC : EIJI a.k.a野風増 / COFFEA

DANCE SHOWCASE: Blackaneez and more

LIVE PAINT: KENKO

EVENT GIRL: Junko&Ryoko


MAKOTO (Human Elements / HE:Digital)
"Souled Out" Release Tour

 Drum&Bassのミュージカル・サイドを代表するレーベルLTJ BukemのGood Looking Recordsの専属アーティストとして98年にデビュー以来、ソウル、ジャズ感覚溢れる感動的な楽曲を次々に生み出し、これまでに、2枚のアーティストアルバム『Human Elements』(2003年)、『Believe In My Soul』(2007年)、その他 DJ MarkyのInnerground, FabioのCreative Source, DJ ZincのBingo, London ElektricityのHospital ,CIA, Liquid VなどのUK主要Drum&Bassレーベルより、12インチシングル、EP、リミックス、コンピレーションへの参加などで数々の楽曲を発表している。DJとしては、2枚のミックスCD 『Progeression Sessions 9 - Live in Japan 2003』, 『DJ Marky & Friends Presents Makoto』をこれまでに発表し、世界30カ国、100都市以上を周り、数千、数万のクラウドを歓喜させ、その実⼒を余すところなく証明し続けてきた、まさに日本を代表し世界的にもDrum&BassのトップDJ/Producerである。Jazzanovaとの活動でしられるPaul Randolphを迎えた配信限定ニューシングル "Tower Of Love" 、これまでの作品を集めたコンピレーションアルバム"This Is How I Do" (Vithmic) を3月に発表、その後 東日本大震災のチャリティーコンピレーション"Something We Can Do"を自身のデジタルレーベルHE:Digitalより発表し、いち早く復興支援を表明、待望のNewアルバム"Souled Out"も2011年10月に発表したばかりである。



DEEIZM 
[Human Elements, Bingo, Liquid V] from UK

 MC Conradによってその才能を見い出され、今やUK、ヨーロッパ、アメリカなど世界中をMakotoとともに飛び回っているドラム&ベースMC。Makoto ft Deeizm MC『Progression Sessions 9』やMakoto & Deeizm 『Untold』『Release The Bird』、Redeyes feat. Deeizm 『Luv & height』, A-sides & Deeizm 『Just Be』などの作品からもその実力がわかるように、今やMakotoのセットには絶対に欠かすことのできない最高のパートナーである。ソウルフル、スウィート、メロディック、そしてエッジの効いたダークなライムまで、あらゆる状況へ対応できるスタイルを持つDeeizm MCから目を離さないで欲しい。




文:BATA




Check

コメントする

Check