2011年3月アーカイブ: spazm log

2011年3月15日

ありがとうございました!(3.12チャリティイベント)

去る3月12日土曜日にこの度の東日本大震災により、急遽ではありますが当初予定していた「SPAZM presents 高知⇔東京クラブサーキット」を全て中止し、チャリティイベントを別途開催いたしました。 

本当にたくさんの皆さまにご来場、ご協力により私たちの想像を超える募金を集める事ができましたことを主催者及び関係者を代表して御礼申し上げます。 

以下、終了後の結果についてご報告させていただきます。 

延べ来場者数:301名 
入場料→募金:\301,000(301名×¥1000) 
募金箱:\41,860(ONZO\7232,LOVE JAMAICAN\8183,ONE LOVE\14600,OTAMAJAXY\5990,PLUS BAR\5855) 


募金総額:\342,860

今回は、入場料として各店一律\1500いただき、内¥500を飲み物代としてお店に納め残りの\1000を募金にさせていただきました。通常お店で頼む飲み物は¥600~¥1000ですので、各会場の経営者の皆様にも多大なるご協力を賜り誠にありがとうございます。(しかも、各会場で別途募金いただいています!) 

まさに未曾有としか言いようがないこの大災害により、現在も数えきれない程の人々が危機に直面されています。 

今回このチャリティイベントの開催に踏み切るにあたり、「不謹慎ではないか?」「無駄な電力を使うんじゃないか?」との指摘もありました。 

確かに、未だ把握しきれないほど沢山の方がお亡くなりになられており、私としてもこの週末は日本国民として喪に服すことも考えました。しかし、前述のように今まさに助けを求めている人々がいる中で、私たちまでが行動することを止めてしまえば助かる命も助からなくなってしまうのではないかと思い開催に踏み切った次第です。 

それと、今回の出演者の皆さんは本当に悩みながら出演を了解して下さりました。津波警報が解除されたとは言え予断を許さない中で沿岸部から来て下さったり、ご家族が被災地にいらっしゃたり、誰一人として享楽的な場所を求めた訳ではなく全員が相当な葛藤を抱え、決意をもって臨んだ事をどうかご理解下さい。 

また、節電の指摘がありましたが、基本的には通常の店舗営業分の電力内で行っており野外イベントのような特設会場ではありません。この点については直接お問い合わせいただければご説明させていただきます。 

「やらない善より、やる偽善」という言葉がありますが、この日ご来場いただいた皆様及び出演者、関係者の皆さんは確実に善意で人の命を救ったと私は思っています。(何もしない事がいけないという訳ではありません!) 



本当に、本当にありがとうございました。 


※時間の都合上、募金箱は私一人で開けましたが、後々のトラブルを避ける為一応全てビデオカメラで撮影しております。また、明日県庁に行った際に今回の募金を納めた証書のようなものがあれば別途掲載させていただきます。 

※クラブサーキットのチケット代は現在Club ONZOにて払い戻しさせていただいておりますので、大変ご足労ではございますが来店いただいた後にスタッフにお申し出下さいますよう宜しくお願いいたします。(Club ONZO:Tel 090-4781-9003/〒780-0821 高知県高知市帯屋町2-1-29 4F)

一刻も早い復興を、皆さんの無事を願ってます!!

1434379_1037169069_239box.jpg


mo'tzu

2011年3月12日

3.12SPAZM開催中止のお知らせ

明日3.12SPAZM「高知⇔東京クラブサーキット」について 


本日、戦後最大規模となる東北地方太平洋沖地震の発生によって東北地方を中心として関東以北に甚大な被害が発生し多くの方が亡くなられています。 

こういった未曾有の事態をうけ、先ほどまでSPAZMのメンバーを中心に明日のクラブサーキット開催について協議した結果、当クラブサーキットの開催を中止(無期延期)することといたしました。 

中止理由としては、 

�目下のところ当クラブサーキット出演予定のゲストの皆さんが移動できる目途が立たないこと 

�身近で大変な事態に直面している人々がいる中での開催は当然として自粛すべきである 

という2点です。 


既にチケットを購入済みの方は、明日22:00〜4:00の間、当クラブサーキット会場にてチケットと引き換えに払い戻しをさせていただきます。また、明日以降払い戻しをされる方はClub「ONZO」にて払い戻しをさせていただきますので、ご足労ではございますが何卒宜しくお願いいたします。 

また、明日の「高知⇔東京クラブサーキット」は中止させていただきますが、被災を免れた私たちに出来ることとして、各会場(LOVE JAMAICAN,ONE LOVE,ONZOOTAMAJAXY,FREEDOM CAFE,PLUS BAR)では、それぞれ当初「高知⇔東京クラブサーキット」で出演予定だった出演者(※ゲスト除く)が、各会場毎に\1500/1Dでチャリティイベントを行うことといたしました。 

したがって、明日早急に各会場に募金箱を設置させていただき、以下の内容にて別イベントとして開催させていただきますので、何卒皆さまのご理解を賜りますよう宜しくお願いいたします。 


「東北地方太平洋沖地震 復興支援チャリティイベント(仮)」 
2011.3.12 22:00〜mid@ONZO \1500/w1D(Doorのみ) 

「東北地方太平洋沖地震 復興支援チャリティイベント(仮)」 
2011.3.12 22:00〜mid@OTAMAJAXY \1500/w1D(Doorのみ) 

「東北地方太平洋沖地震 復興支援チャリティイベント(仮)」 
2011.3.12 22:00〜mid@LOVEJAMAICAN \1500/w1D(Doorのみ) 

「東北地方太平洋沖地震 復興支援チャリティイベント(仮)」 
2011.3.12 21:30〜mid@ONE LOVE \1500/w1D(Doorのみ) 

「東北地方太平洋沖地震 復興支援チャリティイベント(仮)」 
2011.3.12 22:00〜mid@PLUS BAR \1500/w1D(Doorのみ) 


※当日のタイムスケジュール詳細はキャッシャー及び「SPAZMofficial site」にて公表させていただきます。 
※ONE LOVE会場のみ21:30オープンとなっておりますのでご注意ください。 
※クラブサーキット形式ではございません。各店毎に入場料が発生しますのでご注意ください。 

ONIVI


2011年3月 8日

[podcast] HEAVY1 promo mix





  • 3.12 SPAZM presents 『高知=東京クラブサーキット』に合わせて、ONE LOVE会場でプレイ予定のDJ HEAVY1さんより、promo mixが届きました!2011年UKシーンの動向ともリンクしたON timeなドラムンベースサウンドは、予習の上、是非クラブのサウンドシステムで"体感"してください!!







    Playlist 

    01.JUNE MILLER - STRIKE ANYWHERE (DSM DUB)
    02.FOREIGN CONCEPT - MOD JUSTICE (CRITICAL DUB)
    03.HEAVY1 - MAYA (DEMAND DUB)
    04.LOST SEQUENCE - SPICE MARKET_NYMFO REMIX (DEMAND DUB)
    05.KODO - ROUGH TRADE (DUB)
    06.COMMIX & ICICLE - ULTRA CLEAN (DUB)
    07.ICICLE - NAUSEA (SHOGUN DUB)
    08.HEAVY1 - HEAVY TONE (AVANTGARDE DUB)
    09.NYMFO - MATSTICK VIP (COMMERCIAL SUICIDE DUB)
    10.MAKOTO & SONIC - THRILLER DUB (DUB)
    11.OCTINE & DLR & SURVIVAL - SPECTRUM (AUDIO TACTICS DUB)
    12.CHIRIS.SU - DATAHUB _ MINDSPACE REMIX (SUBTITLES DUB)
    13.OPTIVE & BTK - JACKNIFE (SUBTITLES DUB)
    14.METH & 2SHY MC - PATIENCE LEVEL (TEMAH DUB)
    15.BAD COMPANY - SECTINENT (BAD COMPANY)
    16.FOREIGN CONCEPT & KODO - ESSENTIAL TREMOR (DUB)
    17.FRICTION & K-TEE - SET IT OFF _ ICICLE REMIX (SHOGUN DUB)
    18.HEAVY1 - XIPHACTINUS _ LENZMAN REMIX (DEMAND DUB) 

    直リンク(右クリックでダウンロード出来ます) 
    http://spazm.x0.com/mixtape/Heavy1_mix_Mar 2011.mp3 

    SPAZM mixtape 
    http://spazm.x0.com/mix.html 
    (iPhone) 
    http://spazm.x0.com/i/mix.html 

    iTunes podcast プレビュー 
    http://itunes.apple.com/jp/podcast/spazm/id265774052

2011年3月 7日

会場と銘酒(LOVE JAMAICAN編)


本イベントオーガナイザーのmo'tzu氏の日記よりLOVE JAMAICAN会場の銘酒の紹介です!!

ラブジャマイカン会場のスペシャルドリンクのご紹介です!!

別に自分が出てるからとかゲストさんがVelocityさんと可愛いkeyちゃんだからという訳ではありませんが、ここのドリンクは本ーーーーー当ーーーに超レアですよ♪♪♪

今回このお酒をセレクトして下さった敏腕バーテンダーさん曰く

「これはラム好きなmo'tzuちゃん、オーガナーザーとしてクラブシーンの革命を行うmo'tzuちゃんへのオマージュ。キューバ革命以前から の原酒がブレンドされたこのラムの語る言葉には「納得」する外は何もありません。昔は全然手に入らなかったけど、今回検索したらまだ数本あるみたいなので 価格は高いですが,是非!!」

...照れるやん!!

知ってる人は「こいつ頭おかしいんちゃうか?」ってくらい普通に店で出したら1ショット2~3000円する銘酒中の銘酒!!スペシャル企画最後に贈る最終兵器がコレだっ!!!



ドン!!!

1434379_1016507969_212large.jpg
「レジェンド・オブ・キューバンラム」


1度飲んだら忘れられない!その名もレジェンドオブキューバンラム。

毎年年末になると発売前から問い合わせを多く頂きます。

1回に瓶詰めされるのはわずか300本ほど。

それは残り少ない古酒の樽をソレラで神経を使い管理してボトリングされるからです。

珠玉のラムであり、身体の五感で堪能してください。味わいは、どっしりとラムの風味がありながら、樽の風味とカラメルのようなニュアンスと甘みを絶妙のバランスで感じます。

ラムってこんなに美味しいんだ・・・と思わせてくれる一品。

ソレラを使ったラム。他にはない熟成感と洗練された味わいを是非!



...とまぁ何ともヨダレのでるレビューですよね!

この奇跡の一夜にふさわしい伝説のお酒がラブジャマイカンではゲストのDJ Velocity&key MCの時間に降り注ぎます♪

(更に興味のある人には最後に別のレビューも掲載してるんで読んでみて下さい)

そして、このラブジャマイカンでは丁度ONE LOVEと真逆のタイムラインになっていて、序盤からSPAZMの若手(?)DJ ba-ta、変幻自在のDJ ko-tora、

イカツイ風貌と甘い歌声がミスマッチなSINGERのTOMOKI、ダンスショーケースでは今回初絡みとなる美女ユニットRough、アニメーションダンスの「はむつんサーブ」の弟子はみだしサーブ、

そこから「LEVEL VIBES」TimeとしてBassraacing,13one,達磨サウンド,EmpireとレゲエVIBES全開で今回がSPAZM最後となるDJ ko-suke、「奇跡の前足」ことMC Eiji a.k.a 野風増となぜか葉酸を飲んでるDJ Mo'tzuへと展開し、

そしてゲストとして私に"リッターバイクでドリフトするかのような"と言わしめたDJ Velocityとkey MCが「ベースラインっちゅーのはのー、こうやって扱うんじゃぃ!!」と言わんばかりのグルーブ全開のD&Bと、大まかには「ヒップホップ→レゲ エ→ドラムンベース」の流れになっています。

velo.jpg  keyl.jpg

ラストは今回通常であればレギュラーパーティーだったところを多大なるご協力をして下さったLEVEL VIBESに締めていただきたいと思ってますので、ぜひラブジャマイカンでブンブンのベースラインを聴きながら愛について語りましょう♪

そりゃ、主催者が自分が出る会場にはイケてるメンツを揃えるに決まってるじゃないですか。

だから一切ハズレなしなんでぜひラブジャマに集合しましょう!!!




※「レジェンドオブキューバンラム」レビュー 

■伝説のキューバ産ラムのお話■ (輸入業者さんからのこのラムに関する情報) 

人生がそうであるように、酒とは出会いである。私にとってそんな想いにしみじみと浸れるのがこの酒だ。 

『レジェンド オブ キューバンラム』。このラムは、1940~50年代にキューバで蒸留された後に樽詰めで海を渡り、スペインへ運ばれ名門一族の酒蔵において、ソレラ・システムで熟成されたものである。 

そこで登場する人物がミゲル・バルデスピノ。バルデスピノ家は、創業1340年まで遡るシェリー酒の名門。家族経営によって、代々受け継いできた看板を守る彼に突然不幸が襲った。 

大切な息子は病床の身に、そして地元のパレードの女王に選ばれたほどの美人であった愛娘を交通事故で失ってしまう。 

私がはじめて彼のボデガ(酒蔵)を訪ねたのは今から8年前。そこは、まるで博物館であった。 

樹齢百年のブドウの樹や19世紀から使っている足踏み式の手動式ラベルマシーン、そして戦前の銀行の窓口を想わせる堂々たる造りの受渡し場所、目の前がタイムスリップした気分だった。 

もっと驚いたのは、彼が所有する古酒のコレクション。特にシェリーやブランデーの膨大な数に観るだけで酔わされた。歴史の重みを肌で感じた。 

「そこに行ったら最後にラムが振る舞われるから、飲まないときっと後悔するわよ。今では絶対手に入らないキューバ産のすごい古酒だから」。 

ほぼ一日がかりで広大な畑やいくつかあるボデカを案内してもらって、そのまま帰ろうとした時、シェリー酒の評論家である明比淑子さんの言葉を思い出した。 

「ラムを飲ませてください」。 

ちょうどボデガの入り口に樽が2つあった。飲んだ瞬間に・・・ 

まいった。その優雅なアロマは、コニャックのよう。我慢ができず、このラムを分けてほしいと彼に頼んだのだが・・・ 

「これはとても珍しいもので僕の宝物、このボデガを訪れた人だけにしか飲ませないし、売り物ではない」。 

それから数年後、彼はその膨大な古酒とともに会社を売り払った。二人の子供の数奇な運命が、彼から、名門としての誇りも、仕事への情熱をも奪い去ったのかもしれない。 

結局新しいオーナーにラムの件をお願いしたところ、門外不出のこの酒をようやく手にすることができた。 

このラムは、1962年の革命以前のキューバがアメリカの資本主義にどっぷりとつかり、豊かさを謳歌していた時代の空気を感じさせる。 

今日のような社会主義の統制経済のもとでは生まれるはずもない、贅沢で華やかな味わい。そしてミゲル氏が会社を手放さなかったら、この世に出ることもなかったであろう、貴重なコレクション。彼のボデガは今、更地になっているという。 

失われてしまった時間が、すべてそこに詰まっている。まさしく "伝説のラム"である。 


ko-suke

会場と銘酒(ONZO編)

続いてはONZOの銘酒を紹介します!
本イベントオーガナイザーのmo'tzu氏の日記よりONZOの紹介と銘酒紹介です!!


「ONZO」と言うお店についてご紹介します。 



元々このONZOという店は「Si-rutu」という名前で今のシーンの起爆剤となった店でした。初代オーナーはエイジさんという方で、常に音楽を真ん中に捉えている本当の意味でプロデューサーでした。 



そのエイジさんの後を継いだのがカツミ君ことKatで、エイジさんizmを更に昇華し、今のミュージックラバーズを立ちあがりからここまで一気に押し上げました。若干アホなとこはあるけど、本当に憎めない自由の塊のような奴で皆から絶大な信頼を集めてました。(勿論俺も大好きです。) 

で、そんな二人の後を継いだのが現オーナーのケンちゃんなんですが、それはもうすごいプレッシャーだったと思います。

しかもSi-rutuからONZOに変わる時に音響が無くなることになり、バタバタの中でほぼ仮設に近いスピーカーでこの一年やってきたんですから、本人も「Si-rutuより音が悪くなった」と周りから言われかなり頭を悩ましてきたことと思います。 

そんな中、自分もこの現状を打開したい思ってて「今回のSPAZMまでにはサウンドシステムを改善してほしい」という超無理難題をケンちゃんに突きつけたわけです。 

まぁ、結果はケンちゃんとハルキが見事にそれに応えてくれた訳で、先日サウンドシステムの入れ替えの直後に私も聴きに行ってきましたが 

ベースのフィンガーピッキングのアタック音、ハイハットのハーフオープンの音が聴きとれるくらい鮮明になってて、空間を意識したスピーカーの配置等、以前とは全く別の店のようになってました。 

なにぶん小さなお店で個人がやってるんだからureiとかは入れれないけど、一周年を経て本当の意味で「ONZO」らしさが出てきたな、って思います。 



ハイっ!!と言うわけで、今回ゲスト中のゲストMakotoさんにONZOで出演していただく理由その1は、 





ONZOがリニューアルしたから♪ 





です! 


そんでもう一つの理由は率直に、DJ Makoto+「華麗なる週末@ONZO」が見たかったから♪♪ 


ぶっちゃけ、ここ最近で一番良かったパーティーは自分的に「華麗なる週末@ONZO」でした。 

今の若い方は知らない人もいるかと思いますが、「華麗なる週末」は須永さんやFPMなどジャズ~ハウスサイドの超有名DJをこれまで高知に招いてきた実力派の名パーティーです。 

それがまた復活するってので、どんななってるかなーて見に行ったらそれはもう楽しそうなVIBESが溢れてて、なんか無くしかけた大事なものを見つけた気分でした! 

なので絶対いつか彼らと一緒にやりたいって思ってたので、今回やっと念願かなったわけです。しかも、DJとしてのバックボーンとか音楽性がひょっとしたら自分達以上にMatokoさんに通じてるようにも感じられたんですね。 

この組み合わせは最高のマリアージュになることでしょう♪ 

新しいサウンドにMakotoさんに華麗なる週末、、、これだけで自分ならお腹いっぱいですよ!!

ONZOの銘酒です!! 



はいドン!!





1434379_1016507953_31large.jpg「ヴィラ・マリア」

~出演するDJ陣のjazzやhouse、それにMakotoさんの音の印象として「透明感」「浮遊感」など感覚と踊るよりは、「ゆれる」とか 「流れる」とか「キラキラ」なイメージなので、そうゆう時に合いそう飲み物として、キリっと冷えて華やかな香りと爽やかな味わい、そして優しい甘みのあ る、ニュージーランドのソーヴィニョン・ブラン種の白ワインをチョイスします~

決して高価じゃないけどチープじゃない、フレッシュな香りがリニューアルしたONZOにふさわしいですよね♪

さらに当日はホワイトチョコファウンテンなど盛りだくさんで皆さんをおもてなしいたしますので、ぜひONZOに足をお運び下さい!!

ko-suke



会場と銘酒(OTAMAJAXY編)

各会場の銘酒を紹介していっております!!!!
今回はBUNさんがプレイされるOTAMAJAXYの銘酒です!!
本イベントオーガナイザーのmo'tzu氏の日記より紹介いたします!


では、全会場中最もDOPEにしてDEEPなサウンドを担当するOTAMAJAXYのドリンクは...



ドン!!!






0455.jpg


「ドゥーツ ブリュット・クラシック」

~ベテランDJ陣の顔ぶれを見て感じた事は「安定感」「安心感」それはプレイやオーディエンスに対しても言える事だと思います。そして面子が色ん な意味で「コア」!そんな上質でコアなスペースにフィットするのは、やはりシャンパン。シャンパンも在り来りなモノではなく、本物を追求したシャンパンを チョイスしてみました。出来ればプレイ中に少しいいグラスにサーブして楽しんでもらいたいですね。~


と今回のセレクトを担当して下さった方のコメントにもあるように、シャンパンと言えばドンペリとかのモエが有名ですが、敢えてここでは「ドゥーツ社」のシャンパンを持ってきました!


捕捉までにこのシャンパンの紹介文をネットから拾ってきたので紹介しますね♪

『シャンパンの最高峰ドゥーツ社の厳選された葡萄のブレンドのシャンパーニュ。高級感のある黄金色と繊細な泡立ち。洋梨や焼きリンゴといった甘み のあるフルーツの香り。ナッツや焼き立てパンのようないぶした香りも混ざり合います。ぶどうの凝縮感を感じることのできる、飲み応えのある味わいが特徴的 です。ボリュームはありますが繊細な味わいですので全然飲み疲れることなく1本飲んでしまいそうな感じです。』

とまぁ何とも食指をソソル紹介文ですね~。

私もシャンパンは全然詳しくないので勿論飲んだことないのですが、

今回のセレクトを担当した方は10年近くバーテンを務めた私が全幅の信頼を寄せる方なのでぜひとも飲んでいただきたいと思います♪♪♪


そして、このOTAMAJAXY会場の高知の出演陣、はっきり言って全会場屈指のキャストが顔を揃えています!
 

まずSPAZMからは不動のトップDJ TOMOHARUが会場担当を務め、常に高知のGoodVibesを体現し続けてきたしゅんぺーさんことDJ SKUNK、音響への知識・洞察共にハンパないDJ Yo-Hey、エレクトロニカサイドからは言わずと知れたMusiq Lovers代表DJ SUNEO、決して前には出ないけど常にGroove感溢れるプレイをするDJ EKA、、、このメンバーが揃うのはある意味奇跡かもしれません!

さらに、今回はTomoharuの推薦により若手で成長著しいDebugと、DJキャリア以上に選曲とシーンへの理解が深いZIN君を加え、VJのRISA、ライブペイントのkenkoなど、まさにアーティスティックな一夜を楽しんでいただけることと思います。

もちろんとどめはあのOlieve Oilさんをして「俺よりヤバい!」と言わしめ、Homeliss Derilex、MITSU THE BEATS、LTJ BUKEM、KUTMAH等、WORLD WIDEに評価を集め、PHIFE DAWG、B.I.G JOE、Shuren The Fire、環ROY、ILLMURA等への客演など、現在最も注目を集めるプロデューサー/DJ BUNさんが来場した皆さんを別世界へいざなってくれる ことでしょう♪


1434379_1000185975_160small.jpg



この会場、絶対見逃し厳禁です!!!!



ko-suke

会場と銘酒(ONE LOVE編)


3.12「SPAZM presents 高知⇔東京クラブサーキット」もいよいよ今週となりました!!

今回のイベントではスペシャル企画として、それぞれの会場でHUMAN ELEMENTサイドのゲスト出演者がプレイする時間にそれぞれの会場イメージに合った「銘酒」をセレクトしてご来場の皆さまに振る舞います!!!

ということで、各会場の銘酒を本イベントオーガナイザーのmo'tzu氏の日記より紹介させていたたきます!!
まずは、Hearvy1さんがプレイされるONE LOVE会場の銘酒です!!



1434379_1016507962_250large.jpg

「パトロン・シルバー」!!!


~若さ溢れるDJ陣やHearvy1のパリっとした音の印象としてまず、「フレッシュ」「エネルギッシュ」あと「メリハリ」を感じます。

このようなイメージに合わすお酒として「ホベン」(若い)と呼ばれるテキーラで、ヴィンテージの若いワインやヌーヴォにあたりのフレッシュ感がありながら上質、

なによりパーティーシーンに必要なテキーラをチョイスする事し、日常的(パーティーで)なテキーラ「非日常」の高級テキーラで特別感を演出します。~


この「パトロン・シルバー」はスッキリしていて悪酔いもしませんし、ラブジャマのイタさんおススメのテキーラでもありますので、ぜひクラブサーキット序盤にこの絶品テキーラでボルテージを上げて心も体もグルグル回って下さい指でOK

また、ONE LOVE会場は「FUNKY VIBES」と題し、オープニングアクトはこれまで四国のD'N'Bシーンを牽引し今や全国に活躍の場を広げるDJ JACKPOTBOYが務め、

冒頭から加速装置全開のままロンドン仕込みのSPAZM裏エースDJ TOSHIZOへ

そしてHUMAN ELEMENTSより現在世界中から注目を集めている新進気鋭のプロデューサー/DJ HEAVY1が他では聴けないミニマルなD&Bを中心に最先端のサウンドをスピンし

SPAZMの名参謀HIGASHIKAWA氏がDUB STEP~ELECTROと幅広く展開するなどD&Bサイドでも一切手加減ナシの布陣で臨みます。

Hip-Hopサイドからは同じく東京よりHi-Naviのゲスト出演し、高知からはFULL-FULL、Kazukiとこちらもスキル、選曲共に間違いないDJ陣、

ショーケースではMC TOMMY,KUMI,CREAM,JUNKEY、ダンスチームはJEAZRICES,ROUNDFEAR,BLACKANEEZと勢いVIBES共に高いMC・ダンサー陣で構成し、

ラストは今最も勢いのある若手Dj Nari-Hiroが務めるなどオープンから朝まで全く目が離せない正にFUNKYな会場となってますので乞うご期待下さい!!


SPECIAL GUST:DJ HEAVY1
GUEST LIVE:HI-NAVI
RESIDENT DJs:FULL-FULL,Kazuki,Nari-Hiro/higashikawa,jackpotboy,TOSHIZO
SHOWCASE:(LIVE)TOMMY,CREAM JUNKY,KUMI,(DANCE)Blackaneez,Roundfear,JEAZRICES


ko-suke

 

2011年3月 5日

3.12 SPAZM presents 『高知=東京クラブサーキット』詳細地図


HUMAN ELEMENTSのオリジナルミックス聴きましたでしょうか!

Playlist 

01 Bun - Keiko 
02 Bun - Kana 
03 Naibu & ENA feat. Key MC - Untitled 
04 Heavy1 - Diehard 
05 Heavy1 - Millers 
06 Velocity - Midnight In A Perfect World 
07 Fabulous feat. Key MC - Words Of Love (Makoto Remix) 
08 Makoto - Music Has Never Let Me Down (Velocity Remix) 
09 Marky & Makoto - Love Again 


直リンク(右クリックでダウンロード出来ます) 
http://spazm.x0.com/mixtape/human_elements.mp3 



そして、こちらにて3.12イベント会場がまとめられてますので要チェックでよろしくお願いします!! 地図

ko-suke

2011年3月 3日

3.12 SPAZM ゲストの紹介!!3

3月12日に開催される"SPAZM presents『高知⇔東京クラブサーキット~HUMAN ELEMENTS~』"に出演いただくゲストDJ,MCの紹介をさしてもらってますが、今回はHEAVY1さんです!!!

heavy1-219x250.jpg

まずはプロフィールです!

HEAVY1
( Samurai Music , Rubik Records ,Fokuz Recordings ,Vampire Records , HE:Digital )

18歳のときにテクノ、ハウス、ヒップホップ、ロック、ダブなどのさまざまな音楽に影響を受け、ドラムンベースの制作を開始する。20歳でDJかつプロモーターとしてオーガナイズ集団'NEON'を立ち上げ、これまでにIcicle、Lenzman、Redeyes、Spectrasoulを東京に招聘。 彼のプロダクションスキルはIcicleとLenzmanが日本来日時にヒントを得て、劇的に進化した。 最近では、楽曲がDJ Bailey , DJ Marky , Doc Scott , Loxy , DJ Flight , Makoto , Sonic , A-Sides , Crrisy Criss , Icicle , Nymfo , Reso などのトップアーティストにプレイされ、BBC Radio1 , BBC 1xtra , Rinse FM , D&B TV , DNB ARENA等のプログラムでサポートされている。ブリストルの老舗レーベル Rubik Records から Livin' in the dark / Rains のシングルリリースでデビューした彼は、 ドイツの2大ドラムンベースレーベルSyncopixとBlu:Saphirのコラボレーベル 'Sync:Saphir Records'、前記の 'Rubik Records'、Makotoのニューレーベル'HE:Digital'から立て続けに楽曲を発表した。それを契機にドラムンベースのトッププロデューサー達が挙ってリリースを重ねる名門レーベル ニュージーランドの'Samurai Music'オランダの'Fokuz Recordings'イギリスのSource Direct のレーベル'Vampire Records'等とサインをし、多くの12'、CD、デジタルリリースを予定している。更にSamurai Musicからリリースされる楽曲'Millers'は、DJ Marky監修のミックスCDシリーズFabricLive 55にクレジットされ、世界中のドラムンベースヘッズ、プロモーター、DJ、プロデューサー達がHeavy1を認識し、独創的で創造力をかきたてるようなアプローチで構築される彼の楽曲とその実力が世界水準であるということを裏付ける形となった。彼は既に日本若手代表として、日本のニュースクールドラムンベースシーンを牽引する存在となり、2011年アップカミングアーティストとして、世界中の新たなプロデューサーたちの波に乗り、世界のシーンにおいてもその存在を輝かすだろう。


以下、本イベントオーガナイザーのmo'tzu氏の日記の一部です!!

昨年から自分がずっとハマってるミニマルなD&Bでは恐らく国内最強のトラックメーカーじゃないでしょうか。初めてHEAVY1さんの曲を聴いた時に「うぉ!すげえぇ!!」って思いました。 

松山行っても福岡行っても「HEAVY1はヤバいよ!」って聞いてて、そうこうする内にFabricLiveにHEAVY1さんの楽曲が使用されるって知って、いよいよこれはただ事じゃないなと。 

HEAVY1さんの曲は決してメローでも派手でもないけど、音圧のしっかりしたクラブで聴くと本当にハマります。ストイックにループする音楽の醍醐味をぜひ味わっていただきたいです。 

しかもHEAVY1さんは香川出身ということもあって同じ四国の同胞だけに、こうやって国内外で評価されているのを聞くとひと際ウレシイです. 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のHEAVY1さんの会場は、ONE LOVEです!!
お楽しみに!!!!

ko-suke

2011年3月 2日

[podcast] HUMAN ELEMENTS exclusive mix!!!


3.12 SPAZM presents 『高知=東京クラブサーキット』にあわせて、HUMAN ELEMENTSよりオリジナルミックスが届きました!!

素晴らしい仕上がりとなっています!
是非ダウンロードください!!

Playlist

01 Bun - Keiko
02 Bun - Kana
03 Naibu & ENA feat. Key MC - Untitled
04 Heavy1 - Diehard
05 Heavy1 - Millers
06 Velocity - Midnight In A Perfect World
07 Fabulous feat. Key MC - Words Of Love (Makoto Remix)
08 Makoto - Music Has Never Let Me Down (Velocity Remix)
09 Marky & Makoto - Love Again


直リンク(右クリックでダウンロード出来ます)
http://spazm.x0.com/mixtape/human_elements.mp3

SPAZM mixtape
http://spazm.x0.com/mix.html
(iPhone) http://spazm.x0.com/i/mix.html

iTunes podcast プレビュー
http://itunes.apple.com/jp/podcast/spazm/id265774052

2011年3月 1日

フライヤー記載内容についての訂正

フライヤー記載内容について訂正がございます。

1.OTAMAJAXYにて出演するDJ YO-HEYのプロフィールにて一番最後の行に下記アドレスがきれてましたので訂正させていただきます。大変失礼いたしました。

http://friendskochi.posterous.com/



2.フライヤー中面マップにて

PLUS Barの場所に「4F」とありますが、「5F」です。

LOVE JAMAICANの住所がOTAMAJAXYと同じになってますが、「高知市追手筋1-9-11ユリアビルB1F、華珍園本店東隣」です。

はりまや橋南のホテルがベストウェスタンホテルになってますが、正しくは「西鉄イン」です。