Makyu X オフィシャル・サイトへ移動


終了しました

SPAZM FINAL
”GOLDIE&DEGO JAPAN TOUR in 高知”
2013/09/20(Fri.) @ X-pt.


ADV¥3,000-DOOR¥4,000
(共に要1DRINK ORDER)
22:00~05:00
ADV¥3,000-DOOR¥4,000


SPECIAL GUEST:

GOLDIE a.k.a RUFIGE KRU(METALHEADZ/from UK)
DEGO (4HERO, 2000Black/from UK)
DJ ICHI (BASSRAIN/from HIROSHIMA)
KUROMITSU(Hella/from MATSUYAMA)
VJ TOKU(sortvj/from KAGAWA)

LIVEACT:

QUINCYMCQUEENs
(Laptop/Vocal QUINCYMCQUEEN・Violin Opera・
Vocal Pricilia Maharani )

EIJI a.k.a 野風増+K☆EN feat.Taku Yoshioka

human boot project


SPAZM DJs:

MOTZU, TOMOHARU, HIGASHIKAWA, TSUTSUI, COFFEA,
SKY

SUPPORT DJs:
SUNEO, TAOKA, RON ,RISM, YUKE

LIVE PAINT: KENKO
GRAFFITI:SLEEPY

 

今から11年前、DJ MOTZU,AKIRA,TOMOHARUによってゼロからスタートした高知のDRUM&BASSシーンは、多様なDJ達とパーティーを産み出しながら1歩ずつ成長を続けてきました。シーンの中心的パーティー「SPAZM」は、国内外から優れたDJ・アーティストを招聘し、常にレヘプルアップしたパーティーをめざして来た結果、これまでの開催で延べ数千人の動員を果たし、西日本でも屈指のドラムンベースパーティーとして全国にもその名を知られるまでになりました。たった30万人しかいない小さな街で、UKのアンダーグラウンドミュージックがこれ程まで受け入れられた事はまさに奇跡であり、そんな奇跡が起きたのも高知の”MUSIC LOVER"達のアツいサポートのたまものです。 私たちはこれまでの「より多くの人とベースミュージックを共有したい」という夢を共に支え続けてくれた皆さんに深い感謝の気持ちを込め、SPAZM最後の奇跡を起こします。 スペシャルゲストとして世界のドラムンベースシーンの頂点に君臨する”KING of DRUM&BASS" ゴールディー、そしてブロークンビートの絶対的カリスマとして知られるディーゴと、伝説的アーティスト達を招き、究極のFINAL PARTYを開催いたします。 ~90年代初頭ロンドンのアンダーグラウンドから勃発したUKブレイクビーツ革命はジャングル/ドラム&ベースから今日のベースミュージックの潮流を生み出した。GOLDIEとDEGOはこのムーブメントのパイオニアとて知られ、その後、GOLDIEはドラムンベースにおいてMETALHEADZ、DEGOはブロークンビート/ニュージャズにおいて2000BLACKと、それぞれがトップレーベルを率い世界のシーンを動かしてきた、まさに"生きる伝説"である。~今宵は、この両アーティストによる世界最高峰のサウンドの芸術、そしておなじみのSPAZMの仲間たちによる全力のパフォーマンスを、共に心ゆくまで楽しみましょう!! ありがとうございました!!


★GOLDIE (aka RUFIGE KRU, Metalheadz, UK)

"KING OF DRUM & BASS"、ゴールディー。80年代にUK屈指のグラフィティ・アーティストとして名を馳せ、92年にファビオ&グルーヴライダーのDJ MIXに触発され、4ヒーローのレーベル、ReinforcedからRUFIGE KRU名義でリリースを開始、ダークコアと呼ばれた ハードコア・ブレイクビーツの新潮流を築く。94年にはレーベル、Metalheadzを始動、ドラム&ベース革命を遂行する。自身は95年に FFRRから1st.アルバム『TIMELESS』を発表、ドラム&ベースの金字塔となる。 98年の2nd.アルバム『SATURNZ RETURN』はKRSワン、ノエル・ギャラガーらをゲストに迎え、ヒップホップ、ロックとのクロスオーヴァーを示す。その後はレーベル運営、DJ活動、俳優 業に多忙を極め、リリースが遠のくが、07年、RUFIGE KRU名義による9年ぶりのオリジナル・アルバム『MALICE IN WONDERLAND』をMetalheadzから発表、シーンの最前線に復帰。以来ゴールディーの創作活動は加速し、08年に長年構想されて きた自伝的映画のサウンドトラックとなるアルバム『SINE TEMPUS』をMetalheadzのウェブ限定で発表。09年にはRUFIGE KRU名義のアルバム『MEMOIRS OF AN AFTERLIFE』をリリース、また音楽とシンクロして近年目覚ましい活動を示すアートの分野でも個展を開催する等、英国が生んだ現代希有のアーティストとして精力的な活動を続けている。音楽活動20周年となる12年、Metalheadzの通算100リリースに渾身のシングル"Freedom"を発表。そして2013年3月には新曲"Single Petal Of A Rose"を含む初のコンピレーション・アルバム『THE ALCHEMIST: THE BEST OF 1992-2012』がCD3枚組でリリースされ、まさにアルケミストなゴールディーの不朽の音楽性を再認識させる。
http://www.goldie.co.uk/
http://www.metalheadz.co.uk/
http://www.facebook.com/Goldie
http://twitter.com/MRGOLDIE



★DEGO (4HERO, 2000Black, UK)

ロンドンに生まれたDEGOはサウンドシステムや海賊放送でのDJ活動を経て90年にReinforced Recordsの設立に参加、4HEROの一員として実験的なハードコア/ブレイクビーツ・トラックのリリースを開始。やがて4HEROはDEGOとMARC MACの双頭ユニットとなり、タイムストレッチング等、画期的な手法を編み出し、ドラム&ベースのパイオニアとなる。傑作『PARALLEL UNIVERSE』(94 年)、『TWO PAGES』(98年)以降、4HEROはD&Bのフォーマットを捨て、『CREATING PATTERNS』(01年)、『PLAY WITH THE CHANGES』(07年)で豊潤なクロスオーヴァーサウンドを打ち出す。DEGOはTEK9名義でダウンテンポを追求する等、オープンマインドかつ実験的な制作活動は多岐に及び、98年に自己のレーベル、2000Blackを始動し、革新的な音楽共同体としてのネットワークを拡張、ブロークンビーツ/ニュージャズの潮流を生む。KAIDI TATHAMらBUGZ IN THE ATTIC周辺と密に交流し、dkd、SILHOUETTE BROWN、2000BLACK名義のアルバムを制作。11年には満を持してDEGO名義の初アルバム『A WHA' HIM DEH PON?』を発表、ジャズ、ファンク、ソウルetcへの深い愛情を反映した傑作となる。その後も精力的な活動を続け、12年に『TATHAM,MENSAH,LORD & RANKS』を発表している。
http://www.2000black.com/
http://mrgoodgood.com/
https://www.facebook.com/2000blackrecords
https://twitter.com/2000black_dego

 

 



★DJ ICHI a.k.a DIGITAL ONE

DJ ICHIは2005年SEEK KRUを立ち上げると共にメローかつハードなドラムンベースパーティーBASSRAINを福岡にて始動。スタート当初より積極的に国内外のトップアーティスト達を福岡に招聘し、九州エリアを代表するD&B KRUとして注目を集める。過去に多彩な バックグラウンドを持つDJ ICHIならではの選曲には多くのファンが存在している。福岡 FM77.7(FREE WAVE)、FM76.1(LOVE FM) への参加をはじめ、全ての現場に徹底的にこだわりを見せ、その場にいる沢山のオーディエンスを圧倒してきた。 スピーカーから鳴る低音と共にDrum&Bassを体全体で表現するスタイルは日本にも数少ないだろう。 2007年、2009年、2012年に開催された"JAPAN DRUM&BASS CONVERSION"では、全国から集まったDJ、MCを福岡に招聘、日 本全国のDrum&Bass Headz達の間で大きな反響を呼び、福岡のDRUM&BASSシーン及びDJ ICHIの存在を全国に轟かせた。 2010年にはDJ ICHIの別名義、a.k.a DIGITAL ONEとしてDUBSTEP、UK FUNKY、BASSLINE HOUSEなどを自身にインプット、新 たなスタートラインに立つ。2012年の秋には、日本の" SCRUNCH RECORDS "からリリースされる"SCRUNCH EP"に"Opening Gun / DJ ICHI "の収録が決定。"Opening Gun / DJ ICHI "は、世界のDrum&Bassシーンで活躍する様々なアーティスト達から絶大な支持を受け、世界中でSpinされている。現在、DJや楽曲制作を中心に、日本のDrum&Bassシーンの中で凄まじい勢いて成長している。

 

 


★DJ KUROMITSU(HELLA,MATSUYAMA)

1996年東京上京後、ドラムンベースに出会いDJ、イベントオーガナイザー始動。 2002年松山に帰郷後、数々のイ ベントのゲストDJを務め、2008年イベント "HELLA"を始動。 毎回、ゲストを迎えて松山屈指のDJを揃え、四国でも指折りのイベントに成長している。一方、DJスタイルはだがタイトでアッパーな音を好みハウス、テクノ、 エレクトロ、ドラムンベースと織り交ぜフロアを 湧かせている。

 

 

 

 


★VJ TOKU(sortvj/from Kagawa

独特の世界観&表現力を持ち、Graphic Design、Photograph、VJと視覚に訴えるヴィジュアルを創りだすクリエイター。地元香川では、高松唯一のクラブイベント・コーディネイト企業、SPIRAL主催のGAY MIX PARTY「explosion」 のレジデントVJとして活躍し、地方のVJシーンを牽引してきた。活動は日本だけに留まらず、2004年、F1GPマレーシアでのマルボロ主催のパーティ「RED ZONE」を皮切りに、中国、韓国、マレーシア、タイ、シンガポールなどアジア諸 国を中心にVJ活動の範囲を拡大。これまでに、David Morales, Frank Muller, Timo Mass, Fergie, DONALD GLAUDE, ANNE SAVAGE, CHRISTPHER LAWRENCE, KEN ISHII, SHIN NISHIMURA, THE PRODIGY, JungleJerry, K-ZEEなど世界の名立たるアーティストたちと競演する。2012年4月にリリースされたSHIN NISHIMURA ALBUM ”MASH”に収 録されいるEarl’s CourtのMusic Videoや、2012年6月にリリースされたTETSUJI TANAKAのNorthern PointのArtworkを担当した。
http://www.facebook.com/sortvjs
http://twitter.com/sortvj

 

 



View Larger Map

X-pt.(クロスポイント)    高知県高知市はりまや町1丁目5−1 ‎  088-885-2626 

 「JR高知駅」より徒歩12分
 「土佐電気鉄道 はりまや橋停留所」より徒歩1分
 「高知IC」より車で12分

 


SPAZM online ticket service:
spazm@asakura.xii.jp までお名前と枚数をお送り下さい。(前日締め切りとなります)

page top



12 info@spazm.x0.com